副業初心者でも出来るネットビジネス情報サイト

スマホ副業アプリワークを実際にやってみた結果!

ネット通販ビジネスにおける特定商取引法について

time 2021/08/06

ネット通販ビジネスにおいて特定商取引法とは、商品を販売する事業者、この場合ネット通販サイトの運営者がやってはいけない規約のことを指します。

この規約とは、商品を販売する上での取り扱い規約のような物で違反した場合、罰則を設けている制度の一つです。例を挙げていきますと、例えば、この商品は何々に効くと言ったようなことを誇大にネット通販サイトにて商品を紹介した場合、その商品が本当に効果があるかもわからず販売したとみなされます。

そしてその商品が万が一効果が無いまたは危険な物であった場合責任を取ることが難しいが故に景品表示法に違反したことで取り締まりを受け罰則を受けるのです。

これは消費者を守るための法律であり、ネットビジネスにおいても適応され消費者を守るべく様々な法律が存在するのです。
それら法律の一式を特定商取引法として定めネットビジネスにて通販サイトなどを行う事業者を対象として法律を適応させているわけです。

さて、ここからは嘘の表示以外に交換や返品に応じると言った文言の取り扱いについてです。
ネット通販サイトの中には交換や返品についてあいまいな記載であるショッピングサイトと言うものもあります。こうしたサイトは特定商取引法に引っかかるのではないかと言う疑問がありますが、もちろん引っかかります。

例えば、返品についてご相談くださいという文言があった場合、相談するだけで返品を受け付けてくれるネットショッピングサイトなのだという認識と、相談するだけで返品には応じないのではないかと言う2つの受け取り方をしてしまうサイトがあったとします。

この場合、特定商取引法に引っかかり、返品のあるなしの記載不備が該当します。

この場合も同様に消費者である購入者がショッピングサイトに対して利害があり、利害は返品に応じるかどうかが不鮮明である点、返品を期待舌が出来なかった点などが挙げられます。この場合、返品をネットショップ側が応じたくない場合、応じないとすれば特定商取引上は問題は無いのです。
その為商品が不良品であった場合も実は、ネットショップ側は返品に応じる必要性は無く、それは通販と言う手法上故障や損傷については責任を負う必要性が無いとされているため、返品をしたくない場合、ショップ運営側は返品に応じる必要はないのです。

ただし、返品に応じないことは=商品に対して責任を持たないという意味に捉えられるため、あまり望ましい手段であるともいえないので多くのネット通販事業者は特約として、商品が届いて動作確認をして動かない、初めから壊れているという商品に対して特約で保証をしているのは、特定商取引法以外に顧客となる方に安心を与えるための手段として独自の返品制度を採用しているのです。